Header site id logo01

環境について 環境について

気候変動への対応

気候変動への対応

RE100への加盟

当社は、2019年10月、「RE100」(国際NGO団体であるThe Climate GroupがCDPとのパートナーシップの下で主導する強力なイニシアチブ)に加盟しました。
また「未来への挑戦」として、幅広い事業を有する当社ならではの社会価値提供による2050年目線の未来を描き、「世界が憧れる街づくり」を目指します。2050年までに、当社の事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に定めました。

目標値(CO₂排出量) *対象はSCOPE1,2
2030年:電力使用によるCO₂排出総量30%削減
2050年:電力使用によるCO₂排出総量ゼロ

TCFD提言への対応

当社は、2020年9月、金融安定理事会(FSB)により設置された気候関連財務情報開示タスクフォース(以下TCFD)による提言に賛同を表明しました。今後はTCFDの提言に基づき気候関連のリスクや機会が当社事業に及ぼす影響に関して情報開示を進めて参ります。

TCFD提言による開示項目

項目 ガバナンス 戦略 リスク管理 指標と目標
TCFD提言 気候関連のリスクと機会に関する組織のガバナンス 気候関連のリスクと機会が組織の事業・戦略・財務計画に及ぼす重要な実際の影響と潜在的な影響 気候関連のリスクを特定・評価・管理するプロセス 気候関連のリスクと機会を評価する指標と目標
当社の取り組み ・サステナビリティ推進体制におけるモニタリング
・経営計画と連動
・主要事業の重要なリスクと機会を特定
・シナリオ分析による事業・戦略・財務計画への影響の評価に着手
・重要リスクへの対応策やモニタリング方法の検討に着手
・全社リスクマネジメントプロセスとの連携
・長期環境目標達成に向けた短期目標を設定
・リスクと機会を評価する指標の整備に着手

TCFD提言に基づく情報開示

ガバナンス

当社および連結子会社は、企業市民として、その社会的責任の重要性を認識し、コンプライアンスに取り組むとともに、事業を通じた社会課題解決や社会貢献活動を継続するなど、サステナブル経営を積極的に推進しています。サステナビリティ推進体制ではサステナブル経営の推進・啓発、気候変動への対応を含む低炭素・循環型社会への対応に取り組み、重要な事項は経営会議・取締役会へ報告し指示を受けることとしております。TCFD提言に基づく取組や情報開示については、サステナビリティ推進体制により継続的にモニタリングして参ります。

戦略

2℃以下シナリオと4℃シナリオについて、将来の世界観を踏まえ、鉄軌道事業と都市開発事業におけるリスクと機会を抽出し、下記の重要なリスクと機会を特定しました。
今後はシナリオ分析によって事業・戦略・財務計画に及ぼす影響の分析を進めてまいります。

※産業革命前と比較した今世紀末の世界の平均気温の上昇温度

重要なリスク

2℃以下
(移行リスク)
・電力コスト、炭素税の増加
・省エネ技術開発による二重投資、ZEB化によるコスト増加
・水害多発エリアからの顧客の流出、資産保有機運の低下
4℃
(物理リスク)
・災害激甚化に伴う施設の浸水による改修コスト増加、顧客流出
・気温上昇に伴う空調コスト増加
・新型感染症発生による輸送人員の減少

重要な機会

2℃以下 ・自己発電や省エネ技術開発によるコスト削減(蓄電池増加、燃料電池の活用)
・被災リスク低エリアへの顧客流入、輸送効率優位性による利用者増加
・リモートワーク普及への運賃制度の多様化・CO₂排出権売買等の制度導入による事業収支向上・物件価値向上
・ZEB化環境配慮物件への入居志向の向上

※快適な室内環境を保ちながら、省エネルギーと再生可能エネルギー等の導入により、消費エネルギーを正味(ネット)でゼロにする事を目指した建物(Net Zero Energy Building)

2050年の世界観の概要と影響(2℃未満シナリオの場合)

2050年の世界観の概要と影響(2℃未満シナリオの場合)

リスク管理

「戦略」において抽出したリスクについては、今後のシナリオ分析によって影響を分析し対応策の検討を進めて参ります。

指標と目標

長期環境目標
(CO₂排出量)
2050年までに事業で使用する電力を再生エネルギー100%で調達する
[電力使用によるCO₂] 2030年:排出総量30%削減、2050年:排出総量ゼロ
*対象はScope1、2
基準年は、鉄道事業(東急線):2010年、不動産事業その他:2015年
気候関連のリスクと機会を評価する指標と目標 「戦略」において実施するシナリオ分析による事業・戦略・財務計画に及ぼす影響の分析によって、指標と目標を設定して参ります。