Header site id logo01

東急グループの社会貢献活動 東急グループの社会貢献活動

お客さまとのコミュニケーション活動

(リード文)

東急グループは、信頼され愛される「東急」ブランドの確立を目指し、皆さまとのコミュニケーションを図るさまざまな活動を行っています。
交通広告などにより、グループの企業姿勢を紹介するとともに、音楽・文化・スポーツイベントなどの開催・支援を通じて、お客さまとのふれあいの場を設けています。
主な活動は以下のとおりです。

とうきゅうキッズプログラム

とうきゅうキッズプログラム

小学生のお子さまを対象に、親子で一緒に職業経験や施設見学、ものづくりなどのプログラムにチャレンジしていただく体験型イベントです。 さまざまなプログラムを通じて社会経験をしていただくと同時に、生活に密着した幅広い分野で事業を展開する東急グループへのご理解を深めていただくことを目的に、毎年冬に開催しています。

東急株式会社 社長室 広報グループ ブランド推進担当

TOKYU MUSICAL PROGRAM ~FOR TEENAGERS~

TOKYU MUSICAL PROGRAM ~FOR TEENAGERS~

未来を担う10代の皆さまにブロードウェイミュージカルに触れていただき、ご家族で「エンタテイメントシティSHIBUYA」を楽しんでいただくイベントを、渋谷駅直結のミュージカル劇場・東急シアターオーブで開催しています。

東急株式会社 社長室 広報グループ ブランド推進担当

東急ジルベスターコンサートへの協賛

東急ジルベスターコンサートへの協賛

渋谷Bunkamuraで開催される大晦日恒例のコンサートに特別協賛しています。カウントダウン曲の演奏終了の瞬間に新年を迎えます。(テレビ東京系・BSジャパンで生放送)

東急株式会社 社長室 広報グループ ブランド推進担当

東急会

東急会

国内およびアジア地域では、地域社会に貢献することを目的に、グループ会社が「東急会」を組織しています。清掃活動や文化・スポーツイベントなど、さまざまな活動を通じて、地域の皆さまとのコミュニケーションを深めています。

東急株式会社 社長室 広報グループ ブランド推進担当

渋谷文化プロジェクト

渋谷文化プロジェクト

渋谷文化プロジェクト

渋谷の街の魅力を伝えるウェブサイト。日々、渋谷で展開されているイベント、トレンド、グルメの紹介などの情報のほか、渋谷を中心に活躍するキーパーソンへのインタビューなどを通じて、街の多様な魅力を発信しています。

東急株式会社 渋谷開発事業部 開発計画グループ 総括担当

渋谷フォトミュージアム

渋谷フォトミュージアム

渋谷フォトミュージアム

渋谷の歴史を象徴する写真を整理・デジタル化し、同時に「今の渋谷」を紡ぐ最新の写真までをデータベースとして蓄積するウェブサイト。2013年に開設し約1200点を収めています。

東急株式会社 渋谷開発事業部 開発計画グループ 総括担当

渋谷における地域イベントへの協力

渋谷における地域イベントへの協力

渋谷における地域イベントへの協力

地元商店街や行政などが主催するイベントに協力し、地域および来街者の皆さまに渋谷の街を楽しんでいただける場をご提供しています。参加型アートイベント「渋谷芸術祭」や、渋谷区主催の「渋谷区くみんの広場」など積極的に協力します。

東急株式会社 渋谷開発事業部 開発計画グループ 総括担当

第14回渋谷音楽祭

第14回渋谷音楽祭

第14回渋谷音楽祭
 

2019年10月19日・20日の2日間、当社をはじめ、東急不動産、SHIBUYA109、東急百貨店、セルリアンタワー東急ホテル、東急プラザ表参道原宿、東急バス、東急ファシリティサービスなどが協賛・協力する「第14回渋谷音楽祭」が開催されました。
渋谷音楽祭は、渋谷音楽祭実行委員会が主催し、東急グループにおいては、グループ施設4カ所(東急百貨店 渋谷・本店/東急プラザ表参道原宿/SHIBUYA109/セルリアンタワー東急ホテル)を会場としたミニコンサート「TOKYU AUTUMN STAGE」を開催し、クラシック、ジャズ、ポップスなど音楽のさまざまなバリエーションをお楽しみいただきました。

東急株式会社 渋谷開発事業部 開発計画グループ 総括担当

電車とバスの博物館

電車とバスの博物館

1982年、東急電鉄の創立60周年記念事業として、田園都市線高津駅の高架下に開館した「電車とバスの博物館」は、2003年3月に現在の宮崎台駅付近へ移転し、2016年2月にリニューアルしました。
この博物館は、交通事業への理解を深めていただくことを目的に開館しました。学校や親子で参加できるイベントなど、地域社会への貢献活動にも力を入れています。
館内には昭和初期に製造された旧型車両など、当社および東急グループの交通事業に関する資料を展示しているほか、乗り物の発達の歴史、列車運行の安全を守るための取り組みを紹介しています。また、電車・バス・航空機の操縦体験ができるシミュレータや、パノラマ模型運転コーナーなども設置してあり、楽しみながら交通事業に関する知識を深めていただくことができます。

  • 新型コロナウィルス感染予防のため一部施設の閉鎖やサービスを休止して営業しています。
    詳しくは、「電車とバスの博物館」ホームページまで。

SDGsトレイン2020「美しい時代へ」号


SDGsの17のゴールカラーで彩られた車両

SDGsの達成に向け多様なメッセージを発信するラッピング列車「SDGsトレイン2020『美しい時代へ』号」を、2020年9月から運行開始しました。東急グループが、阪急阪神ホールディングスグループとともに、国や自治体・企業・市民団体等と連携し、1年間の予定で東西で同時に運行します。列車は、最新の省エネ車両を使用するとともに、走行にかかる電力をすべて(実質的に100%)再生可能エネルギーで賄っています。

東急電鉄株式会社 CS・ES推進部 広報CS課