Header site id logo01

環境 環境

環境への取り組み

環境への取り組み

当社では、創業以来、公共性と事業性を両立させながら、他社に先駆けて環境に優しい取り組みを進めてきました。
これまでの歩みをまとめましたのでご覧ください。

1962年  1月 東急電鉄が日本初となるオールステンレス車両、回生ブレーキを採用した7000系導入
1972年  4月 苗木のプレゼント「東急沿線グリーニングキャンペーン」(現:『みど*リンク』アクション)開始
1974年  8月 「財団法人とうきゅう環境浄化財団(現:公益財団法人東急財団)」設立
1994年  3月 とうきゅう環境浄化財団が環境学習副読本「多摩川へいこう」創刊。流域の小学校に無償配布開始
1997年  9月 東急グループスローガン「美しい時代へー東急グループ」とグループ理念を制定。経営理念の中に「自然環境との融和をめざした経営を行う。」を掲げる。
1998年 川崎市宮前区犬蔵土地区画整理事業における谷戸の自然を保存した公園計画が、環境庁(当時)の「生物多様性保全モデル地域計画モデル地区」に指定
1999年  3月 東急電鉄長津田車両工場が私鉄の車両工場初となるISO14001認証取得
2000年 10月 「東京急行環境報告書」(第1版)を発行
11月 本社でISO14001認証取得
2001年  5月 世田谷線において、軌道敷地内や駅構内に草花を植栽する活動「世田谷線フラワリング」を開始
2002年  5月 省エネルギーなど環境に配慮した新型車両5000系導入
(従来型車両に比べて、約40%の使用電力量低減を実現)
2006年  3月 東急電鉄が民営鉄道事業者として初めて日本政策投資銀行から環境格付融資を受ける
9月 東横線元住吉駅に環境配慮設備を導入
(太陽光発電システムの設置、雨水の再利用、駅構内の緑化)
2007年 11月 東急病院の屋上・壁面の緑化
2008年  6月 新しい渋谷駅開業(自然換気システム、放射冷房方式の採用)
2009年  7月 「東急グループ環境賞(現:東急グループ環境・社会貢献賞)」第1回表彰実施
2010年  9月 東急キャピトルタワーが、(財)都市緑化基金による「緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業(都市開発版SEGES)」認定第1号を取得
10月 とうきゅう環境浄化財団が公益財団法人に移行し、名称を「公益財団法人とうきゅう環境財団」に変更
2012年  4月 渋谷ヒカリエ開業(自然換気システム、大規模緑化、オフィスフロアLED照明全面採用など)国土交通省「住宅・建築物省CO₂推進モデル事業(現:住宅・建築物環境対策事業)」に採択
6月 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(現:SOMPOアセットマネジメント)が設定するESGの評価が高い企業に投資する年金基金・機関投資家向けの運用プロダクトである「SNAMサステナビリティ・インデックス(現:SOMPOサステナビリティ・インデックス)」の構成銘柄に選定
7月 東京証券取引所が公表した「ESGに関するテーマ銘柄」17銘柄のうちの1社として当社株式が選定
2013年  9月 2012年4月に横浜市と締結した「次世代郊外まちづくり」のリーディングプロジェクトの一つとして、専門家による省エネ提案「家庭のエコ診断」を実施
2014年 11月 京都大学とコラボレートし、2012年4月に横浜市と締結した「次世代郊外まちづくり」の「スマートコミュニティ推進部会」により、環境省「うちエコ診断ソフト」を用いて「家庭のエコ診断」を実施
2015年  8月 二子玉川ライズ・タワーオフィスが、LEED「新築ビル部門」において日本で4例目となるゴールド認証を取得
11月 二子玉川ライズが、LEED「まちづくり部門」において世界初のゴールド認証を取得
2016年 12月 多摩産材を約120m3使用した池上線戸越銀座駅が東京都の森林・環境保全に貢献、交付金事業の補助としては都内の鉄道施設初
2019年  1月 南町田グランベリーパークが、LEED「まちづくり部門」において、認証エリア内に駅を含む日本初のゴールド予備認証を取得
3月 世田谷線が、日本初のCO2を排出しない「再生可能エネルギー100%」での運行を開始
4月 「国連グローバル・コンパクト」に署名し、参加企業として国連本部に登録
4月 「とうきゅう環境財団」「とうきゅう留学生奨学財団」「五島記念文化財団」を統合し、「公益財団法人東急財団」を設立
10月 日本で初めて鉄軌道事業を含む企業グループとして「RE100」に加盟
2020年  6月 田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」(2019年10月1日に「南町田駅」から改称)が、LEED「新築ビル部門」において、駅舎建築物としてのゴールド認証を取得
7月 南町田グランベリーパークが、LEED「まちづくり部門」において、駅舎を含む日本初のゴールド認証の取得
9月 TCFDの提言に賛同を表明
9月 SDGsをテーマに掲げたラッピング列車「SDGsトレイン2020『美しい時代へ号』」を、「再生可能エネルギー100%」にて運行開始
2021年  6月 SOMPOアセットマネジメントが設定するESGの評価が高い企業に投資する年金基金・
機関投資家向けの運用プロダクトである「SOMPOサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に
10年連続選定

受賞履歴(取り組みの成果)

1989年 10月 東急多摩田園都市が、(財)都市緑化基金「緑の都市賞」で内閣総理大臣賞を受賞
2001年 10月 「苗木のプレゼント」の実績に対し、国土交通大臣から「都市緑化功労者賞」受賞
2003年  4月 「犬蔵土地区画整理事業」がフジサンケイグループ主催の「第12回地球環境大賞」で環境大臣賞を受賞
2004年  6月 関東運輸局「環境保全功労者関東運輸局長表彰」受賞
2006年 12月 国土交通省「交通関係環境保全優良事業者等大臣表彰」受賞
2008年  3月 CSRレポート(2007年版)が環境省主催の「第11回環境コミュニケーション大賞」で持続可能性報告優秀賞を受賞
7月 東急病院が「東京都環境賞」受賞
2009年  4月 「環境に配慮した新渋谷駅等」がフジサンケイグループ主催の「第18回地球環境大賞」で国土交通大臣賞を受賞
11月 クールビズトレインが評価され、クールビズ推進協議会より【TEAM COOLBIZ部門】を受賞
2010年 10月 田園都市線たまプラーザ駅が、鉄道建築協会「最優秀協会賞」を受賞
2011年  2月 東急ウェリナ大岡山が環境省主催の「省エネ・照明デザインアワード2010」のその他施設部門において「グランプリ」を受賞
2012年  2月 二子玉川ライズ・ショッピングセンターが、環境省主催の「省エネ・照明デザインアワード2011」の商業・宿泊施設部門において「グランプリ」を受賞
2013年  1月 渋谷ヒカリエ「ShinQs」が「省エネ・照明デザインアワード2012」の商業・宿泊施設部門において「グランプリ」を受賞
2016年  4月 「二子玉川ライズ」がフジサンケイグループ主催の「第25回地球環境大賞」で「地球環境大賞(グランプリ)」を受賞
2017年  2月 環境報告書(2016年版)が、環境省主催の「第20回環境コミュニケーション大賞」で優良賞を受賞
3月 池上線戸越銀座駅が、農林水産省等主催の「第20回木材活用コンクール」で最優秀賞を受賞
2020年  2月 統合報告書(2019年版)、環境レポート(2019年版)が、環境省主催の「第23回環境コミュニケーション大賞」で優良賞を受賞
2月 「世田谷線CO₂排出ゼロへの取組」が、EST普及促進委員会と公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が主催する「第11回EST交通環境大賞」において、環境にやさしい交通の優れた取り組みとして「環境大臣賞」を受賞
2月 統合報告書(2020年版)が、環境省主催の「第24回環境コミュニケーション大賞」で優良賞を受賞