Header site id logo01

社会 社会

快適な鉄道利用環境

鉄道ネットワークの拡充

鉄道ネットワークの拡充

東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転


相互直通運転を行う各社の車両

2013年3月からの相互直通運転により、みなとみらい線元町・中華街駅から横浜駅、渋谷駅を経由して、東京メトロ副都心線、東武東上線、西武有楽町線・池袋線までがひとつの路線として結ばれ、所要時分が短縮するなどさらに便利にご利用いただけるようになりました。

これにより東横線内では、ラッシュピーク時間帯は、上り(横浜駅~渋谷駅間)の所要時分が約2分短縮、さらに沿線内から新宿・池袋方面へ乗り換えることなくつながることで都心へのアクセスが大幅に向上しました。また、2017年3月からは、西武秩父方面へ全席指定(有料)でゆったり快適にご利用いただける「S-TRAIN」の運行も開始しました。

相鉄・東急直通線

日吉駅~羽沢横浜国大駅の間に約10kmの連絡線(相鉄・東急直通線)を新設する計画が進んでいます。この連絡線は鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下、鉄道・運輸機構)が施設を整備・保有し、相模鉄道と東急電鉄が使用して営業します。上記連絡線に加え、鉄道・運輸機構と相模鉄道が整備を進め、2019年11月に開業した連絡線(相鉄・JR直通線)の一部を活用することにより、相鉄線と東急線との相互直通運転を行います。日吉駅~新横浜駅を「東急新横浜線」、新横浜駅~西谷駅を「相鉄新横浜線」として2022年度下期開業予定です。これらの連絡線の整備により、神奈川県央部や横浜市西部と東京都心部が直結され、首都圏の広域的な鉄道ネットワークが形成されるとともに、東急線から新幹線(新横浜駅)へのアクセスも向上します。開業後には、所要時分が短縮され、乗換回数が減少するなど、より快適に目的地に行くことが可能となります。

相鉄・東急直通線 新横浜駅(仮称)完成予想図
相鉄・東急直通線 新横浜駅完成予想図

※駅名は、整備主体の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構と営業主体の東急電鉄および相模鉄道株式会社が都市鉄道等利便増進法に基づき神奈川県および横浜市に協議を行い、同意を得た上で国の認定を受けて正式に決定します。

東急電鉄株式会社 CS・ES推進部 広報CS課

安心・快適にご利用いただくための取り組み

安心・快適にご利用いただくための取り組み

駅構内・車内の新型コロナウイルス感染防止対策

安心して電車をご利用いただくことを目指し、さまざまな新型コロナウイルス感染防止の取り組みを実施しています。

車内の取り組み

接触によるウイルス感染を防ぐため、お客さまが直接手に触れる箇所に抗ウイルス・抗菌加工を実施しました。さらに、車内換気のために1車両につき4カ所程度の窓開けを実施し、窓開けのご協力を呼び掛けるポスターを車内に掲出しています。また、東急電鉄所属の全車両の空調フィルターへの抗ウイルス・抗菌加工を2020年10月末に完了しました(「ナノイー」搭載車両を除く)。

※「ナノイー」はパナソニックの商標です。

駅構内の取り組み


自動改札機への抗ウイルス・抗菌加工

車内同様、自動改札機や券売機、エレベーターのボタンなどに、抗ウイルス・抗菌加工を実施しています。また、駅構内トイレの洗面器の水栓交換を実施し、非接触・自動水栓化100%を達成しました。

※東白楽駅、荏原中延駅、世田谷線( 上町駅を除く)、こどもの国線は駅構内トイレがありません。
また、多機能トイレ内の補助的手洗器・オストメイト対応水洗装置は一部手動水栓となります。

ダイヤ改正


大井町線6020系

2021年3月のダイヤ改正では、こどもの国線を除く東急線全線で、保守点検のための夜間作業時間や夜間作業に関わる要員の確保を目的として終電繰り上げを実施したほか、田園都市線・大井町線・池上線・東急多摩川線・世田谷線では日中時間帯を中心に運行ダイヤの適正化を実施しました。また、東横線では平日6時台における特急の所要時間短縮、田園都市線では朝ラッシュ時における中央林間始発列車の種別変更および本数の拡大による利便性と速達性の向上を図りました。

目黒線8両編成化による輸送力増強

混雑緩和と利便性向上を目的として、2022年度上期から、東急電鉄所属の車両を6両編成から8両編成に順次変更し、輸送力の増強を行います。8両編成化は、2022年度下期(予定)の東急新横浜線開業までの完了を予定しています。なお、8両編成化に伴い追加される2両分のホームドアについても、8両編成車両の運行開始までに全13駅で整備を行い、ホーム上の安全対策を実施します。

東急線アプリ

東急線に関する情報を発信するスマートフォン向けアプリケーション「東急線アプリ」では、最新の運行情報、運休や遅延など運転支障が生じた際の迂回ルート検索、リアルタイムな列車走行位置などの情報提供を行っています。また、「混雑の見える化」として、車両別混雑度の表示※1、改札口周辺の様子を配信する「駅視-vision(エキシビジョン)※2」や定期券うりばの待ち時間がわかる「定期券駅視-vision」など、お客さまに安全かつ快適に電車や駅をご利用いただけるよう、情報配信の強化に努めています。「バリアフリー」として、東急線全駅の構内図やホーム図、東横線・目黒線の車両ごとのフリースペース位置・優先席位置表示にも対応しています。

※1 東横線・目黒線・田園都市線に対応。田園都市線の一部車両ではリアルタイムの車両別混雑度を表示。

※2 世田谷線・こどもの国線を除く全駅にて対応。

運行情報の発信

15分以上の遅れが発生した場合、最新の運行情報を東急電鉄ホームページや、「東急線運行情報メール」にご登録いただいたお客さまにメールでお知らせしています。また、東急線各駅(世田谷線の一部の駅を除く)改札付近などに設置した大型ディスプレー「お知らせモニター」で支障区間や原因、振替輸送情報などを、迅速に分かりやすくご案内しています。

東急電鉄株式会社 CS・ES推進部 広報CS課

安心で快適な鉄道へ

バリアフリーの強化

段差の解消が必要とされていた97駅全駅で、バリアフリールートの整備を完了しています。全てのお客さまが利用しやすい鉄道を目指し、さらなるバリアフリー強化を積極的に進めています。東横線・田園都市線渋谷駅の出入口B7ならびにA6付近、田園都市線三軒茶屋駅、桜新町駅においては、バリアフリールート2ルート目となるエレベーターを増設しました。また、東横線白楽駅、田園都市線江田駅においては、エスカレーターを設置し、それぞれ運用を開始しています。

駅施設でのバリアフリー化を推進

触知案内板
触知案内板

全駅での点字運賃表の設置や、自動券売機および、点状ブロックで誘導している自動改札機で点字表示をしているほか、構造が複雑な駅では、構内の施設の場所や現在地を点字でご案内する触知案内板を設置しています(一部音声案内付き)。

駅構内トイレにウォシュレット®導入

オストメイト対応多機能トイレ
ウォシュレット®(渋谷ちかみちラウンジ)

駅のトイレを快適にお使いいただくため、ウォシュレット®の導入を進めており、2020年度までに82駅での設置工事が完了しました。2021〜2022年度は目黒駅・白楽駅への整備を予定しています。また、多機能トイレは、全てオストメイト(人工的な排泄機能を持つ方)に対応し、お子さま連れのお客さまのためにベビーベッドを設置しています。

※「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。

視覚に障がいをお持ちのお客さまへのサポート

全駅で点字運賃表や駅施設内の触知案内板を設置しています。また、バリアフリー整備ガイドラインを参考に、出口に通じる階段位置および改札口の位置をお知らせするため、音響案内の設置を推進しています。

バリアフリー車両の導入

全ての編成に車いすスペースを設けているほか、1999年度以降の新造車両では、床面の高さを下げ、ホームとの段差を小さくしています。2007年度以降の新造車両には、車いすスペースに高低2段の手すりを導入し、7000系では、車両の両端に3人がけのクロスシートを採用して、ベビーカーなどを利用されるお客さまのためのスペースを設けています。また、2016年度以降の新造車両では全ての車両にフリースペースを設けています。


車いすスペース


3人がけクロスシート

ベビーカーマークの掲示


ベビーカーマーク

2014年3月に制定された「ベビーカーマーク」を、車両に設けた車いすスペースおよびフリースペースに掲示しています。引き続き、子育てしやすい環境をつくるため、安全で、安心してご利用いただける設備・サービスを提供していきます。

AEDの設置

AED

世田谷線の一部を除く全ての駅にAEDを設置しています(世田谷線は三軒茶屋駅、上町駅、下高井戸駅のみ設置)。

駅ナンバリングの導入

より分かりやすい案内を目指し、各種案内サイン、路線図、運賃表などに駅ナンバリングを導入し、路線カラーで表示しています。


駅名標


駅ナンバリング

TOKYU Wi-Fi スポット

東急線では、ホーム・コンコースで公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス対応を順次進め、2013 年8 月にこどもの国線を除く全駅で、主要携帯電話会社3社を含む各通信事業者のWi-Fiサービスがご利用可能になりました。
2013年12月には、高速インターネット通信が可能なWiMAXサービスも、こどもの国線を除く東急線全線でご利用可能になりました。

お忘れ物検索システム

東急線の駅係員がお忘れ物をお預かりした際に、お忘れ物の特徴などのデータをシステムに登録することにより、各駅の係員がお忘れ物の情報をリアルタイムに検索できる「お忘れ物検索システム」を導入し、お客さまのお忘れ物をスピーディーにお探ししています。

駐輪場の整備

東急線の駅付近や高架下などに駐輪場を整備しています。駅の利便性を高めるとともに放置自転車を減らし、駅周辺環境の整備に努めています。
詳細は下記ホームページをご覧ください。

安全とサービスをつくる意識向上と技術伝承

サービス介助士


資格取得者の名札

歩行の介助や車いす操作など、ケアされる方と同じ目線に立ち、お手伝いができる「サービス介助士」の資格取得を積極的に推進しています。

鉄道技術アカデミー


鉄道技術アカデミーの様子

鉄道事業の各部門から選抜された社員を対象に開講しており、専門分野外の技術を俯瞰する視野を身に付け、横断的な取り組みを起こせる人材を育成しています。

競技会・講習会


車両部門の技能競技会

技術部門では、設備の更新に伴う機器の性能向上により、部品などの故障や劣化による取り替えが少なくなってきている現状を踏まえ、組織の技術力強化やベテランから若手への技術伝承、従業員のモチベーション向上などを目的に、競技会や講習会を定期的に実施しています。

東急電鉄株式会社 CS・ES推進部 広報CS課

ホーム・駅での安全対策

ホーム・駅での安全対策

全駅ホームドア・センサー付固定式ホーム柵設置

ホームからの転落事故や列車との接触事故防止策として、ホームドア・センサー付固定式ホーム柵の設置を2020年3月に完了しました。(世田谷線・こどもの国線を除く)

ホームドア

ホームドア
ホームドア

従来の設置計画を大幅に加速し、2020年3月22日の大井町線等々力駅の運用開始をもって、東横線・田園都市線・大井町線の全64駅の設置が完了しました。(目黒線は全13駅設置済み)
ホームドア設置の進捗とともにホーム上の安全性が高まり、お客さまのホーム転落件数やホーム上における輸送障害件数が大幅に減少し、安全・安定輸送の確保に大きく貢献しています。

センサー付固定式ホーム柵

ホームドア
センサー付固定式ホーム柵

池上線・東急多摩川線では、全22駅にセンサー付固定式ホーム柵の設置を完了しています。

転落防止ゴムと転落報知機

ホーム側面に取り付けた転落防止ゴム
転落防止ゴム

お客さまが足を踏み外して列車とホームとの隙間に転落しないように、ホームの側面に隙間を狭めるための転落防止ゴム(くし型状のゴム)の設置を順次進めています。また、ホームの下には転落報知機を設置しており、万が一お客さまがホームから転落した際などには、センサーが作動して駅係員や乗務員に転落を知らせます。

非常停止ボタン

非常停止ボタン案内看板
非常停止ボタンと案内看板

事故を防ぐため、東急線81駅のホームに、「非常停止ボタン」を設置しています(世田谷線および目黒線を除く)。ボタン操作で、付近の列車は緊急通報を受信し、運転士のブレーキ操作により緊急停止します。

防犯ボタン・インターホン

インターホン
インターホンと案内看板

防犯ボタン
防犯ボタン

駅構内で不審物や不審者を発見したときや、トラブルが発生したとき、または、お身体の具合が悪くなったときなど、駅係員・警備員のお手伝いが必要となった際に通報いただける、防犯ボタンやインターホンをホーム上やトイレに設置しています(列車は止まりません)。

駅構内の防犯カメラ

防犯カメラ
防犯カメラ

駅構内の状況確認や犯罪抑止を目的として、ホーム、改札口、券売機、定期券うりばなどに防犯カメラを設置しています。

駅係員、警備員による安全確認

駅構内の警備
駅構内の警備

日頃から、定期的に駅係員および警備員が駅構内を巡回し、不審物、施設の不備などお客さまに危険が及ぶ箇所がないか、確認、警備を実施しています。また、お客さまのご利用状況に応じ、警備体制の見直しを行っています。

滞留検知支援システム

滞留検知支援システム
滞留検知支援システム

2019年5月からエスカレーター付近のお客さまの滞留による転倒などを防ぐため、一部の駅で駅構内カメラの映像を解析、滞留状況を判定するシステムを導入しています。滞留レベルになると、パトライトからアラームを発報して、係員へ通知し、お客さまの安全性向上を図ります。

地下駅の火災対策


大きく分かりやすくなった避難通路表示
(非常口のご案内)

国土交通省の基準に基づいて、2通路以上の避難通路の確保や、火災時におけるホーム階の排煙のための非常電源設備の設置などを、全ての地下駅で実施済みです。

停電対策


停電時に稼働する、駅の非常用発電機

列車運行に必要な電力は、東京電力から2系統の送電線によって変電所へ送られているので、1系統で停電が発生しても、もう一方の送電線を使って電力が供給されます。さらに変電所は、各路線に数カ所ずつ分散配置し、ひとつが完全に停止しても隣接する変電所から電力を供給する仕様にしています。また、東急線の車両はバッテリーが搭載されているので、停電により地下区間で列車が停止する状況になった場合でも、車内の非常照明や放送設備は機能します。
地下駅では、停電に備えて非常用発電機を設置しており、トンネル内を含めた非常照明や駅放送設備など、防災上必要な機能が確保されています。

東急電鉄株式会社 CS・ES推進部 広報CS課

車両の安全対策

車両の安全対策

車内防犯カメラ


車内防犯カメラ 設置の一例

テロ行為や吊り手盗難など車内における犯罪行為の未然防止を目的に、2015年3月より順次、車内防犯カメラを設置してきましたが、2020年7月をもって東急電鉄所属の全車両1,247両(こどもの国線を除く)へ設置が完了しました。

IoTube(アイ・オー・チューブ)

車両内のセキュリティ向上を目的として、2020年4月から、東急電鉄所属の全車両(こどもの国線を除く)に、ソフトバンクの4Gデータ通信に対応した、LED蛍光灯一体型の防犯カメラ「IoTube」を導入しました。4Gのデータ通信によって、遠隔地からでもカメラで撮影した映像をほぼリアルタイムに確認することが可能になり、車両内トラブル発生時などに迅速に対応できるようになりました。

車内非常通報ボタン

車内非常通報ボタン
車内非常通報ボタン

具合の悪いお客さまや車内の異常を乗務員に知らせる装置で、車両連結部付近や窓の横、車いすスペースに設置しています(位置は車両により異なります)。東横線、目黒線、池上線、東急多摩川線、世田谷線、こどもの国線の全車両、および田園都市線の5000系と2020系、大井町線の9000系の一部と6000系、6020系の各車両では乗務員と通話することができます。

緊急ブレーキ装置

運転士の体調が急変したときに安全を確保するため、ハンドルから手が離れると自動的に非常ブレーキがかかる装置を全車両に搭載しています。

東急電鉄株式会社 CS・ES推進部 広報CS課

踏切の安全対策

踏切の安全対策

非常ボタン

非常ボタン
非常ボタン

軌道線も含めて東急線の全ての踏切に設置しています。非常の場合にこのボタンを押すと、接近する列車の運転士に異常を知らせます。

踏切障害物検知装置

踏切障害物検知装置は、踏切で立ち往生している自動車などの障害物をセンサーで検知し、接近する列車の運転士に異常を知らせる装置です。東急電鉄では2021年7月6日、自動車通行禁止の踏切を含む135カ所全ての設置が完了しました。なお、2013年度からは踏切全体を検知範囲とした検知精度が高い3D式踏切障害物検知装置を導入しており、95カ所に設置が完了しました。引き続き導入を推進しています。

※世田谷線・こどもの国線を除く

3D式踏切障害物検知装置
3D式踏切障害物検知の装置の検知イメージ

3D式踏切障害物検知のイメージ
3D式踏切障害物検知の装置の検知イメージ

さらに安全な踏切を目指して

踏切事故が多かった踏切では、見通しを良くするため自治体に樹木の伐採を依頼した他、車のドライバーから見えやすいオーバーハング型警報灯と全方位警報灯を設置するなど、さらなる視認性の向上施策を実施しています。

見通しの良くなった踏切
見通しの良くなった踏切

オーバーハング型警報灯
オーバーハング型警報灯

全方位警報灯
全方位警報灯

東急電鉄株式会社 CS・ES推進部 広報CS課