Header site id logo01

人材育成・健康経営 人材育成・健康経営

人材育成

東急バリューについて

東急バリューについて

2005年度に「従業員一人ひとりが共有すべき価値観と求められる行動」として東急バリューを策定しました。これは、当社従業員がこれまで培ってきた「風土」や「強み」、そしてこれからより一層強めていくことが求められる能力などを明文化したものです。

従業員には、東急バリューに定められた「顧客価値」「挑戦」「共創」の3つの志を常に意識し、その実現のために5つの「行動」、すなわち「考える」「すばやく動く」「対話する」「やり抜く」「学習する」を日々の仕事の中で着実に実践することが求められています。

そして、この東急バリューを実践することによって、従業員一人ひとりが「高い志を持ち、自ら考え、主体的にやり抜く」人材になること、そしてイノベーションが常に行われるような社内風土を醸成することを目指していきます。

東急バリューについて

一人ひとりが発揮する東急バリュー

東急バリューの考え方を従業員に浸透させるため、2006年に本社従業員約1,100人を対象とした「東急バリュー会議」(研修)を実施しました。
また、2007年5月から2010年4月にかけて、一部の子会社を含めた鉄道現業職員約3,500人を対象に「東急バリュー体験会」という研修を実施しました。「東急バリュー体験会」は、当社80年余りの歴史を振り返るとともに、参加者同士が体を動かし対話をしながら、東急バリューへの理解を深める内容になっています。今後もさらなる東急バリューの実践と発揮を目指し、さまざまな施策を展開していく予定です。

従業員エンゲージメントの向上

従業員エンゲージメントの向上

従業員満足度の向上を図るために2001年より従業員の意識調査を実施していましたが、当社が長期経営構想で掲げた“世界が憧れる街づくり”を実現させるためには、従業員との間に相互理解・相互コミットメントが一層必要であると考え、2019年7月より人事施策の実効性を客観的指標で評価し、従業員の働きがい・満足度を高めていくための仕組みとして従業員エンゲージメント調査を導入しました。本調査結果を長期経営構想実現のためのKPIとして設定し、従業員のエンゲージメント評価向上を目指しています。

東急株式会社 人材戦略室 労務企画グループ ダイバーシティ推進担当

人材育成について

人材育成について

当社では、この「東急バリュー」に基づき、2012年の4月に「10年先の社会情勢・事業環境を見据えた実効性の高い人材の『育成』『活用』『支援』」をテーマに、人材育成体系を整備しています。
2018年度を初年度とした中期経営計画の基本方針に掲げる「サステナブルな人づくり」の実現に向けて、「連結経営人材の育成」「自律的なキャリア形成」「風土醸成」の3点を人材育成プログラムの大きな枠組みとして、さまざまなプログラムを展開しています。

人材育成プログラム

人材育成プログラム

新入社員向け導入研修および階層別研修(新任者向け)にて性別・国籍・年齢・宗教等による差別を防止する研修を実施しています。また、階層別研修の対象である管理職クラスについては、通報者の保護や通報者の不利益の防止といったハラスメント研修を実施しています。

種別 受講人数 総時間数
新入社員向け 導入研修 39名 19757.0時間(一人あたり506.6時間)
階層別研修(新任者向け) 212名 7197.7時間(一人あたり34.0時間)
東急アカデミー 10名 961.5時間 (一人あたり96.2時間)

※2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)実績

研修実績

種別 内訳 受講人数・件数
経営者育成 選抜型研修・東急アカデミー (全コース)受講者数 合計 109名
自立的なキャリア支援 スキルアップ研修・導入研修・新任研修(全階層)受講者数 合計 800名
自己啓発支援 通信教育・チャレンジ制度 補助件数 延べ 184件

※2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)実績。一部、グループ会社からの参加者を含む。

東急株式会社 人材戦略室 労務企画グループ ダイバーシティ推進担当